ストロングシールはコーキング専門業者です。

兵庫県西宮市のストロングシールは、建物の防水には欠かせないコーキングの専門業者です。
長年にわたりさまざまな現場を手掛けてきた経験から、他にはない高い技術力と幅広い対応力を持っていると自負しています。
コーキングのことでお困りの際はお気軽にご連絡ください。迅速に高品質のサービスをお届けいたします。

コーキング工事についてABOUT COKING

建物のコーキングは、内部に雨などの水分が侵入したり、風が吹き込んでしまったりするのを防ぐ役割を担っています。
コーキングがしっかりしていなくては、水分等の侵入によって建物の寿命を大きく縮めてしまうことも。
暮らしの安全と安心を守るコーキングのことなら、わたしたちストロングシールにぜひお任せください。

時間による経年変化SECULAR CHANGE

コーキングは長年紫外線等の影響を受け続けることで、肉やせやはく離、表面のひび割れなどの経年変化が発生してしまいます。
このように劣化したコーキングは本来の性能を発揮することができず、建物の防水性が大きく損なわれますので要注意です。
特に日当たりの強い南西側の壁は劣化が激しいため、よく確認しておきましょう。

  • 肉やせ

    肉やせ

    経年劣化によってシール材が痩せ細ってしまった状態です。最初に施工をした際のシール材が不足していたというケースもあります。このような症状を発見したら、お早めにストロングシールまでご連絡ください。

  • はく離

    はく離

    シール材が外壁のサイディングボードなどからはく離した状態です。紫外線の影響の他、施工時のプライマー(接着剤)不足が原因であることも。隙間から水分が入ってしまいますのでお早めの対処が必要です。

コーキング工事の施工手順FLOW

実際にコーキング工事を行なう際に、一般的な施工手順をご紹介いたします。
長持ちする高品質のコーキングを行なうためには、施工箇所に適したシール材の選定や、事前の下処理等が非常に大切です。
もちろんストロングシールでは細かな箇所にも一切手を抜かず、すべてにおいてこだわりの作業を徹底していますのでご安心ください。

  • step01

    シーリング材を撤去

    まずはカッター等を用いて既存の劣化したシーリング材を撤去します。古いシーリング材が残っていると、新しいシーリング材の接着力が低下するため、細部まで丁寧に削り取ります。

  • step02

    マスキングテープを貼り養生する

    施工箇所のまわりにシーリング材などが付着してしまわぬよう、マスキングテープで丁寧に養生を行います。ヘラでならす際にシーリング材の充填を通りよく仕上げる効果もあります。

  • step02

    プライマーを塗る

    新しく充填するシーリング材を、しっかりと密着させるためのプライマーを塗布します。プライマーには複数の種類があり、シーリング材に合わせた適切なものを選ぶのが長持ちのコツです。

  • step02

    バックアップ材を挿入

    バックアップ材を挿入することで、目地の深さの調整やシーリング材を目地底で支えることができます。シーリング材との接着を防ぐため、発泡スチロールなどの素材が用いられています。

  • step02

    シーリング材を充填

    いよいよシーリング材の充填です。気泡が入らないよう細心の注意を払いながら、専用のコーキングガンにて施工します。肉やせの原因となる充填不足にも気を配らなくてはなりません。

  • step02

    ヘラで押さえる、ならす

    目地の中に隙間ができることのないよう、シーリング材をヘラで丁寧にならしていきます。長年の経験とノウハウを駆使して、密着性にすぐれたなめらかな仕上がりをお約束いたします。

  • step02

    マスキングテープを剥がす

    養生のために貼り付けておいたマスキングテープを剥がします。万一、余分箇所にシーリング材が付着していた場合は、ウエスなどで確実に取り除いてお引き渡ししますのでご安心ください。

  • step02

    完了

    お客様に施工箇所をご確認いただき、工事完了となります。ストロングシールは兵庫県西宮市を中心に、近畿一円を対応エリアとしておりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください。