外壁塗装工事についてABOUT OUTER WALL PAINT

外壁塗装は建物の寿命を左右する重要な役割を担っています。
雨や紫外線から保護するためには、適切なタイミングでの塗り替えが必要不可欠です。
兵庫県西宮市のストロングシールは、近畿一円の外壁塗装工事を承っておりますので、塗装が気になり始めたらお気軽にご相談ください。
点検から施工まで幅広くサポートいたします。

塗り替えのタイミングTIMING

外壁の塗装が建物を守ることは理解していても、実際どのようなタイミングで
塗り替えを依頼すればよいのか分からない、というお客様も多いのではないでしょうか。
塗装の経験劣化にはさまざまな症状によるサインがあります。
以下に代表的な例をご紹介いたしますので、塗り替えをご検討の際はご参考にしていただければ幸いです。

  • チョーキング現象

    チョーキング現象

    外壁を手で触ったときに、チョークのような白い粉が手に付くことをチョーキング現象といいます。まだ初期の症状ではありますが、塗装が劣化しているというサインですので見逃さないようお気をつけください。

  • クラックが起こる

    クラックが起こる

    外壁にひび割れが発生してしまうことをクラックといいます。クラックを放置していると、そこから建物の内部に雨水などの水分や湿気が侵入してしまい、最悪の場合構造体の腐食にもつながりますので要注意です。

  • カビ・コケ・藻が発生する

    カビ・コケ・藻が発生する

    カビやコケ、藻などは湿気の多い場所に発生します。つまり、これらが外壁に発生したということは、その場所に湿気が多いということです。放っておくと壁の下地まで侵されますのでお早めにご対処ください。

  • 爆裂する

    爆裂する

    コンクリートなどの内部に水分や湿気が侵入することで、鉄筋部分が腐食して膨張するため、外壁が剥がれ落ちてしまいます。これを爆裂といい、かなり劣化が進んだ状態ですので早急なメンテナンスが必要です。

塗り替えの必要性・メリット

外壁の塗り替えは、単に建物を新築時同様に美しく蘇らせるというだけではありません。
塗装は防水効果も兼ね備えており、紫外線や水分、湿気等から建物を守る効果も持っています。
しかし、塗装や防水効果は経年によって徐々に劣化してくるため、建物を保護するという、
本来の性能を維持するには定期的な塗り替えが必須です。

塗料についてPAINT

外壁塗装に使われる塗料にはさまざまな種類があります。
ストロングシールでは施工箇所や用途に合わせた、各種塗料をご用意しておりますので、塗装工事をご検討の際はお気軽にご相談ください。
耐用年数や価格面など、メリット・デメリット含めて丁寧にご説明させていただきます。
まずはお電話・メールにてお問い合わせを。

  • アクリル樹脂系塗料

    アクリル樹脂系塗料

    新築時の外壁塗装などによく用いられる塗料です。比較的手軽に利用できるのがメリットですが、耐用年数は約5~6年と短いため、店舗やオフィスなど定期的な塗装を視野に入れている場合におすすめいたします。

  • シリコン樹脂系塗料

    シリコン樹脂系塗料

    耐用年数が約10~12年と非常に長い点がシリコン樹脂系塗料の特徴です。コストはやや高めになりますがその分高耐久で、色褪せなどの劣化が起こりにくいため、外壁や屋根などの塗装によく用いられています。

  • ウレタン樹脂系塗料

    ウレタン樹脂系塗料

    シリコン樹脂系塗料が登場する以前は外壁、屋根ともによく使用されていた塗料です。耐用年数は約8~10年で、光沢があり仕上がりが美しい点、高い耐候性を持つ点などがメリットで、バランスにすぐれています。

  • フッ素樹脂系塗料

    フッ素樹脂系塗料

    耐用年数は約15~20年と、圧倒的な高耐久性を持つ塗料です。ただし、価格も非常に高いのが難点で、主にビルや橋梁などに使用されています。近年は一般住宅に使用されるケースもありますのでご相談ください。

よくある質問Q&A

塗り替え工事を行なうタイミングの目安を教えてもらえますか?
手で触れると白い粉がつくチョーキング現象や、クラック(ひび割れ)などが発生したらご検討いただくことをおすすめいたします。一般的には6~10年ほどが塗り替えの最適なタイミングだとされています。
塗装工事をしてもらう場合、ずっと在宅していなくてはなりませんか?
外壁塗装の場合は基本的に外の工事ですので、留守にしていただいても構いません。お客様のご了承さえいただければ、留守中でも施工させていただきます。