防水工事についてABOUT WATERPROOFING WORK

建物の防水工事はストロングシールにお任せください。
長年の業歴から培ってきた自慢の技術力と知識力で、安全・安心の暮らしをご提供させていただきます。
ベランダ防水から屋上防水、シート防水、FRP防水、雨漏り修理まで幅広く対応することが可能です。
防水をご検討の際はお気軽に、お電話・メールにてお問い合わせください。

  • ベランダ防水

    ベランダ防水

    ベランダの防水床にひび割れやカビ、塗装の剥がれなどはありませんか。ストロングシールが状態に合わせて最適な防水工事を行なわせていただきます。狭い場所でも問題なく対応いたしますのでご相談ください。

  • 屋上防水

    屋上防水

    屋上は常に紫外線や雨風の影響を直接受けているため、防水層も通常より早く劣化してしまうことが多々あります。放っておくと雨漏り等にも発展しかねませんので、お早めに専門業者へのご相談をおすすめします。

  • 雨漏り修理

    雨漏り修理

    ストロングシールは雨漏りの修理もお引き受けいたします。お部屋の中に水が漏れてきた、天井にシミができている、壁に水が垂れたようなシミがある、などの症状を発見したら、お気軽に弊社までご連絡ください。

  • FRP防水

    FRP防水

    FRPとはガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませた素材です。耐久性、耐候性が高く、ベランダなどに最適な防水工事方法となります。弊社はFRP防水に対応しておりますので、ご検討の際はぜひお問い合わせを。

  • 塗膜防水

    塗膜防水

    塗膜防水は複雑な形状をした場所にでも、容易に施工が行なえる防水工事方法です。液状のゴムを塗布して施工するため、つなぎ目などがなく仕上がりが美しい点もメリット。メンテナンス性にもすぐれています。

  • シート防水

    シート防水

    屋上などに用いられる、シートを貼り付けて施工する防水工事です。施工期間が短い点、伸縮性があり建物の収縮に対応できる点などがメリットです。つなぎ目が剥がれないよう、施工には高い技術が求められます。

防水工事を行うタイミングTIMING

兵庫県西宮市のストロングシールは、防水工事のことならなんでも幅広く承ります。
防水の劣化を放っておくと建物自体にもダメージを与えてしまいますので、異変を察知したらできるだけお早めの対処をおすすめいたします。
雨漏りや目地の割れ、破損など、下記のような症状がございましたら、お気軽に弊社までご相談ください。

  • 雨漏りする

    雨漏りする

    雨漏りはすでに雨水などの水分が、建物の中に侵入しているという証拠です。そのままですと構造体を傷めてしまう可能性が高く、緊急を要しますので、極力早めにご対処いただくことを強くおすすめいたします。

  • 雑草が生える

    雑草が生える

    外壁や屋根、屋上などに雑草が生えているのを発見した場合、その根が防水層を侵食してしまっている可能性があります。むやみに雑草を抜くと、防水層を破損してしまうこともあるため、そのままご相談ください。

  • 目地が割れる

    目地が割れる

    目地の役割にはコンクリートがひび割れてしまうのを防ぐというものがあります。目地自体の割れがすぐに問題を引き起こすわけではありませんが、防水層に水分や湿気、空気などが入るため劣化しやすくなります。

  • 目地が破損する

    目地が破損する

    目地の破損も、目地の割れと同様に、防水層や押さえ層への水分、湿気、空気侵入を許してしまいます。少しだからと油断していると、大きなトラブルにつながることもありますので、ご相談いただければ幸いです。

  • 排水口が詰まる

    排水口が詰まる

    排水口が詰まるということは、雨水が適切に排出されていないということです。他所へ雨水が流れてしまうこともあり楽観視はできません。ストロングシールまでご相談いただければすぐに対処させていただきます。

  • 防水層が剥がれる

    防水層が剥がれる

    防水層の剥がれは、内部に水分や湿気が含まれてしまったことから起こる現象です。さらに被害が進むと漏水等にもつながるため、早急な対処を必要とします。お困りの際はお電話・メールにてお気軽にご連絡を。

防水工事の必要性・メリット

多くの建物に使用されているコンクリートは、乾燥するにしたがって微細なクラック(ひび割れ)が発生します。
さらに経年による建物の動きや温度変化でクラックは大きくなっていき、雨漏りなどのトラブルを招くことも。
こうしたクラックからの雨漏りを防ぎ、建物を長持ちさせるためには、定期的な防水工事が必要となります。

よくある質問Q&A

防水工事をやり替える目安は何年くらいなのでしょうか?
建物の環境や防水工法によって異なりますが、一般的には10年を1つの目安とされています。あくまでも目安ですので、まずは専門業者に点検などのご相談をされることをおすすめいたします。
部分的に防水の補修を行なってもらうことは可能ですか?
部分的な補修も可能です。防水層を長持ちさせるためにも効果的ですが、現在の防水に保証が付いている場合、部分的にでも他の業者が手をつけると保証対象外になってしまいますので、よくご確認の上ご検討ください。